取り組み事例

グループ統一のシステムを全員が利用できる環境を目指して

ベネッセインフォシェルは現在、ベネッセグループ共通のイントラネット基盤の構築を進めています。その活用のために、社内ネットワーク、デバイス環境、社内IDの統合も並行して実施。構築するだけでとどまらず、各社の情報共有促進と業務効率の向上を目指しています。

グループ共通イントラネット基盤を構築し、各社にできるだけ同一の仕組み、環境をご利用いただくことで、グループ間のコラボレーション、情報共有が円滑に行える環境を目指しています。

各グループ会社で行っているITの調達や環境準備を効率化

各グループ会社毎で対応しているIT関連の調達コスト、運用コストを集約させ、グループ全体での規模の経済性を適用することにより、効率化を図ります。

ベネッセグループのビジネスを支えるハイブリッドクラウドの創造

ベネッセグループの様々なWEBサービスを提供し、また社内イントラを提供している“ベネッセクラウド”。社内でのプライベートクラウドだけで提供するのではなく、世の中に公開されている様々なクラウドの良いところを厳選し、組み合わせることで、より快適なビジネス環境を創り出す取り組みをしています。これがベネッセインフォシェルが提供するハイブリッドクラウドサービスです。

現在、数千ものサーバーが稼働するなか、さらに魅力的な新規サービスを生み出すべく“ベネッセクラウド”は日々拡張、進化しています。

Copyright (C) 2015 Benesse InfoShell Co.,Ltd. All Rights Reserved.