新卒採用特設サイト

WORKS ー 仕事を知る ー

WORKS 01

運用・保守エンジニアの仕事

ベネッセグループのサービスを支えるシステムを安定的に稼働させるだけでなく、障害や問い合わせの根本原因を追究し、改善する仕組みづくりまでを担う仕事。単なるルーティン業務ではなく、日々問題意識を持ちながら、全国規模のシステムを支える醍醐味を味わえるポジションです。改修を行う際は、スケジュール・タスク管理、納期・コスト管理等幅広い視野でプロジェクトに関わります。

INTERVIEW

先輩社員インタビュー

I.SORA

I.Sora

ITサービス運用3部
2017年入社
人間生活学部 人間生活学科卒

文系出身でも安心のサポート体制。
なりたい自分目指して、研修も積極的に。

インターンシップで感じたのは、きれいで快適な環境と働く人の魅力でした。これまで情報系は苦手意識もあって避けていた分野だったのですが、就職を機にチャレンジしたいと思い、入社を志望しました。

現在は進研ゼミの「努力賞ポイント」に関するプレゼント送付のための宛名の抽出を担当しています。「努力賞ポイント」とは該当する講座の宿題を提出したお子さんに付与されるポイントで、それが一定数集まると努力賞プレゼントと交換できるというもの。頑張ったお子さんへのご褒美です。

チーム10名体制で行っているのですが、直接お客様に送付するものなので、間違えてしまうと「がんばったのにくれなかった」と、子どもたちのやる気を削いでしまいます。また住所や名前など個人情報を扱う部署なので責任重大です。とくに忙しい時期は、限られた時間のなかで正しいものを出さないといけない難しさがあります。

けれど日々思うのは、仕事で関わるグループ企業の人たちは「よく生きる」という理念を共有しており、みんなが「お客様のために」という想いで仕事をしています。目的が一緒で同じ方向を向いているので仕事がやりやすいのは魅力ですね。

文系出身の私にとっては毎日が勉強。大変なこともありますが、常に学べることがあり、知識を蓄えていけることがモチベーションにもなっています。当社は教育体制も整っており、配属後どうなりたいかを聞いてくれます。それに応じて望む研修を受けさせてもらえるのです。個々の能力に応じた研修を選べるので、無理なく成長できます。

WORKS 02

開発エンジニアの仕事

ベネッセグループ案件のシステムを開発します。進研ゼミ事業を中心とした販売管理システムや進研模試をはじめとする学校向けサービスのシステム、介護事業関連システムなど、ベネッセグループが事業において導入しているシステムの構築支援や、事業変化・拡大に伴うシステム改訂を行います。グループ各社の事業・業務内容を理解した上で、ベストソリューションを提供できることが強みです。

INTERVIEW

先輩社員インタビュー

M.Mikiko

M.Mikiko

ITサービス管理1部1課
2008年入社
文学部 文化財学科卒

クライアントの要望に応じて改良。
システムの頭脳を作り出していく仕事。

ベネッセコーポレーションが企画する進研模試の回答は、すべて当社のシステムに届けられ、そのデータをもとに集計し、志望大学の判定を行っています。全国50万人の回答を一挙に受けているシステムこそ、私が今担当しているプロジェクトです。

模試の内容も年々リニューアルしているため、ノウハウを蓄積しながら、改良していく必要があり、その開発部門を担当しています。
例えば英語の試験においてマークシートだけでなく、リスニングやスピーキングの項目を入れようとした場合、送られてくる音声をどういう仕組みで採点するかといったことを考えます。クライアントであるベネッセコーポレーションの「こうしたい」をシステム開発で実現していくのが私たちの仕事です。

開発において一番難しいのはコミュニケーションです。「こういうことがしてみたい」という相手の要望を解釈し、的確な提案をするところが肝になります。

文系出身ですが、最初の3ヵ月にみっちりと勉強の時間を与えてくれたので、スムーズにスタートを切ることができました。また配属後も技術的なサポートをしてくれる人がいたので、不自由することはありませんでした。今ではプロジェクトマネージャーを任されるまでになり、当社の手厚いサポート体制には感謝しています。

現在入社10年目。今後はプロジェクトを越えて課を取りまとめていくことが求められます。当課は個々の能力が高いので、連携を図れば今以上の力を発揮できるはず。そのためにも私が一人ひとりの橋渡し役になれたらと思っています。

WORKS 03

開発エンジニアの仕事

ベネッセグループが提供するサービスのWebサーバ、DBサーバの導入設計から運用を行う部署です。具体的には、サーバの標準化や効率化に向けた設計構築、及び構築後のサーバのシステム運用を行います。日本最大規模を誇るITベネッセグループのインフラを創造し、運用そのものに携わるので、スケール感のある仕事ができます。壮大なインフラ運用の醍醐味を存分に味わえる仕事です。

INTERVIEW

先輩社員インタビュー

S.Takahiro

S.Takahiro

インフラサービス運用1部
サーバーサポート課
2015年入社
情報工学部 情報システム工学科卒

エンジニアとしてのスキルを活かし、
今後はマネージャーとして活躍したい。

ITを駆使して子どもたちの教育に携われることに魅力を感じ、入社を志望しました。現在はインフラ部門でグループ企業のサーバーのメンテナンスや基盤の運用・保守を担当しています。

パソコンは様々な不具合が起こりますが、ハードウェアが壊れると大規模な障害が起こります。そうならないために日常業務としてはエラーメッセージを24時間監視。エラーもいくつかの要因が重なって起こるため、一つひとつ原因を見つけ出す必要があります。日々の運用では、トラブルを未然に防ぐために対策を万全にし、安定運用ができるように努めています。

インフラの領域は広く、ひとりですべてをカバーすることはできません。いろんな人と連携しながら、一緒に取り組んでいく仕事です。特にトラブル時には、スピーディに対処する必要があるため、チームワークの重要性を感じますね。

今後は年に数回ある設定変更などに関わりながら、マネージャーとしてプロジェクトを成功させるような仕事をしていきたいです。そのためには、今のようなエンジニアとしての目線だけでなく、もっと広い視野や考えが必要です。現在も業務を通じてたくさんの気づきを与えられているので、それらの課題を克服していきたいですね。

また、実際に作業を行っていると、もっとシステムを簡略化したり、最適化できるのではと思うことがあります。今後はそういったところにも着手していきたいと考えています。そのためには、社内調整はもとより、お客様を納得させられるだけの提案力も必要になってくると思うので、プレゼンのスキルも磨いていきたいです。

PAGE TOP